ハウジング事業部

セールスポイント 商品特徴

「兵庫の家」

 

地球に優しい木づかい住宅

「地球に優しい木づかい住宅」とは

これから何十年と住む家を、流行の外観や内装、設備だけで決めていますか。 もっと大切なこと、それはその家が長く住めるような配慮の行き届いた家であるかどうか。

地球に優しい木づかい住宅は、平成24年度国土交通省補助事業によりグループ化された「兵庫の家」推進協議会が提案する「住む人と環境に優しい」住宅です。

今もっとも注目されている耐震性能や省エネ対策はもちろん、国が推奨する長期優良住宅にも標準対応しています。

また、兵庫県産木材製品をふんだんに使用することで、森林整備を進め近年頻発している土砂災害を未然に防ぎ、引いては大切な家族を守ることのできる住宅なのです。

兵庫の家推進協議会組織図

「地球に優しい木づかい住宅」共通ルール

共通ルール詳細

共通ルール1 長期優良住宅

共通ルール2 兵庫県産木材の有効活用

共通ルール3 制振ブレース

共通ルール4 通風日照シミュレーション

共通ルール5 第三者(建築士)による定期点検

「地球に優しい木づかい住宅」認定書の発行

「兵庫の家」推進協議会では、地球に優しい木づかい住宅でご購入頂いたお客さまに認定書を発行しております。この認定書は、住宅施工の際に使用された兵庫県産製材品を、スギ立木の数量に換算したときの使用本数を証明するものです。
(本数についてはあくまで目安です。実際の使用本数と異なる場合もございますのでご了承ください。)

地球に優しい木づかい住宅認定書

なぜ国産木材を使うことが地球に優しいの

現在の日本は、「国産木材が利用されないことによるかつてない危機」に陥っています。これは木材価格の低迷等による厳しい林業情勢が続く中で、森林に必要な整備が十分に行き届いていない為です。ヤブと化した森林では、生息する生物の種類も少なく、森林に期待される「水を浄化する力」「水を蓄える力」「土壌を保持する力」が失われつつあります。つまり、森の力が弱まっているのです。この弱まった力を復活させる為には、森林整備(計画的な伐採)が必要不可欠であり、森林面積が県土面積の67%と言われている兵庫県も例外ではなく、つまりは国産木材(県産材)を使うことは地球に優しいと言えるのです。

ページトップへ