ハウジング事業部

セールスポイント 商品特徴

「呼吸する家」WB工法

 

通気断熱WB工法 正しい家づくり

通気断熱WB工法とは?

通気層+形状記憶式自動開閉装置を利用

温熱環境について

「家の作りようは、夏を旨とすべし。冬は、いかなるところにも住まる。暑き比わろき住居は、堪へ難き事なり」これは、徒然草の一節です。夏過しやすい家とは、風通しが良い家のことを言います。WB工法は、この「風通し」を「通気」というかたちで住まいに取り入れました。
また、「冬は、いかなるところにも住まる」とありますが、現代人はそういうわけに行きません。冬の極端な寒さは、血管疾患を招き命に関わる事もあります。冬の暖かさを保つためには、「断熱」が不可欠です。WB工法では充分な断熱性を確保しております。 本来、通気と断熱は相反する状態となり両立する事は大変難しいとされてきました。しかし、WB工法はこの通気と断熱を両立し、夏冬快適な環境を造りだします。

空気環境について

人間は、気管支呼吸皮膚呼吸をして生きています。気管支呼吸は空気を体内に取り込み、皮膚呼吸は汗を出すことで老廃物を出し、体温を調節しています。
その人間が家に住むわけですから、家も人と同じように呼吸をしなければ健康に住むことはできません。気管支呼吸のように壁の中に空気を通して、皮膚呼吸のように壁から湿気を排出する。この二つの呼吸で室内の有害物質を排出しクリーンな室内環境を造りだします。

できるだけ電力を使用しないために、WB工法の仕組み

WB工法は、夏は自然におこる情報気流を利用して建物内の無駄な熱を排出し、冬は暖房した空気を逃がさないよう開口部を閉じることで、冷暖房に使う電力を出来るだけ減らせるよう工夫しております。また、夏と冬の切り替えを行う際に必要となる換気口の開閉も電力を使用しないよう、熱感知式形状記憶合金を採用しております。自然の温度を感知して自動的に開閉できる仕組みは、これからの節電対策として重要な仕組みです。

*熱感知式形状記憶合金とは・・・チタンとニッケルを合わせた合金で、耐久性に優れており、錆びることがないためどの地域でも安心してご利用いただけます。

エアコンの省エネ効果実験

エアコンの省エネ効果実験

通気透湿仕様の建物では、壁が湿気を逃しているため室内の湿度が低く抑えられ、冷房潜熱負荷の50%近く削減されるため、冷房の負荷も15%近く削減される事が認められました。
高温多湿の日本の気候風土で夏場快適に過すためには、土壁のように湿気を吸ったりはいたり、外に逃したりしてくれる機能が大切だということがこの実験からわかります。

ホルムアルデヒドの透過実験

ワンダーベース内実験棟の室内にホルムアルデヒドを充満させ、室内のホルムアルデヒドの時間変化を測定した結果です。

ホルムアルデヒドの透過実験

ホルムアルデヒドが湿気と共に、透湿性の壁を通して屋外に抜けていったため、通気性と透湿性のある建物では、約48時間後には厚生労働省の指針値(0.08ppm)以下に下がっている事が確認できます。
ビニールクロスを使用した室内では、ホルムアルデヒドが室内にこもり濃度が下がっていく事はありません。このような状態ではシックハウスの危険性があるため、24 時間換気を常に回しておく必要がります。

空気環境の違いにおける植物実験

ワンダーベース内実験棟に植物を2週間放置して、植物の状況を観察しました。

空気環境の違いにおける植物実験

通気性と透湿性のある部屋の植物は、花は落ちるものの枯れることはありませんでしたが、ビニールクロスで覆われた部屋では、2週間で根まで枯れてしまいました。

アンモニア臭の臭気損失実験

測定条件

ワンダーベース内実験棟を密閉状態にして、アンモニア水(28%)溶液5mlを濾紙の入ったシャーレに入れ部屋の中央床上18cmに設置し、出入口左側床上1.5mの位置にてアンモニアを採取した。
採取間隔-アンモニア溶液設置後0.5・1.0・1.5・2.0・3.0・4.0・5.0で行った。室内の温度湿度測定は、室内空間の中央部で10分間隔で測定。各部屋に人体君(発湿量50cc/h運転)設置。

ワンダーベース

測定方法

特定悪臭物質の測定の方法準拠(昭和47年環境庁告示第9号)

アンモニア臭の臭気損失実験

開発物語

第1話 何かが間違っている

WB工法の生みの親であり、(株)ウッドビルドの社長でもある寺島今朝成。寺島はもともと大工の出身だ。なぜ、現場の大工がWB工法を開発することになったのか……。そこには、現場に携わってきたからこそわかる、本質的な問題があった。
高気密高断熱住宅が全盛期だった平成9年のことだ。
寺島はその頃、棟梁として住宅づくりの最先端にいた。この道30年、棟梁としてちょうど脂が乗りきってきた頃だった。戦後に日本中を席巻したハウスメーカーの家が、そろそろ建て替えの時期を迎え、お施主さんから増改築の依頼が舞い込むようになっていた。
ある日のこと、寺島はお施主さんの家の壁の中をみた。築15年、有名なプレハブメーカーの家だった。
「ううっ…これは!」
少しだけ取り壊して開いた壁を見たとたん、寺島は言葉を失った。
壁の中に水がたまって、内側から蒸れ、明らかに木が腐り始めていたのだ。
「ひどい…!」
長年、家をつくってきて、日本の家づくりの最大の長所は「木を活かして建てる」ことだと感じていた寺島は、「何かが間違っている」と直感した。
それ以来、どんなに「これからの時代は高気密高断熱が主流だよ」と同僚やお施主さんに言われても、頑として高気密高断熱の家づくりを否定してきた。
「なんでそんなに頑固なんだ」「どうして時代を見ようとしないんだ」
そう言われても、寺島はどうしても高気密高断熱の家はつくりたくなかった。合板やビニールのような科学素材で覆った家が、どうしても窒息しているように見えた。そんな家に暮らしていかなければならないお施主さんが、かわいそうだ。
この思いを打ち消すことはできなかった。

ページトップへ