運輸安全マネジメント

運輸安全マネジメント取組み営業所一覧はこちら

輸送の安全に関する基本的な方針

当社は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、代表取締役社長、
統括安全管理者が中心となって、社内における輸送の安全の確保に主導的な役割を果します。
また輸送の安全に対する意見に耳を傾け、現場の状況を十分に把握し、全社員に対して
「安全の確保」 が最優先であるという意識を指導・徹底させます。
輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善 (Plan Do Check Act) を確実に実施し、
安全対策を絶えず見直すことにより、全社員が一丸となって業務を行うことにより、常に輸送の
安全性の向上に努めます。また輸送の安全に関する情報については、積極的に公表します。

輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況(平成28年度)

                     (平成29年4月1日〜平成30年3月31日)
平成29年度 事故防止目標
・有責事故半減を目指す!
・重大事故(自動車事故報告規則第2条に規程する事故) 0件

 平成28年度の目標は、達成出来ませんでした。(平成28年4月1日〜平成29年3月31日)
・事故件数
 平成27年度 6件 → 平成28年度 10件
・重大事故(自動車事故報告規則第2条に規程する事故) 0件

自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計

平成28年度   ・・・ 0件
    〃    ・・・10件(第2条規定以外の有責事故)
    〃    ・・・ 6件(   〃   の被害事故)

*自動車事故報告規則第2条とは
1.自動車が転覆し、転落し、火災(積載物品の火災を含む。)を起こし、又は踏み切りにおい
  て鉄道車両と衝突し、若しくは接触したもの
2.死者又は重傷者を生じたもの
3.当該自動車、積載貨物、家屋その他の物件に与えた損害の総額が200万円を超えるもの
4.かじ取り装置、制動装置、車枠、車軸、車輪(タイヤを除く)又はシャシばねの破損または
  脱落により、自動車が運行できなくなったもの

安全統括管理者・安全管理規程

  安全統括管理者  業務部長 平野 伸一


安全管理規程(PDF) pdf5P 205KB

輸送の安全に関する重点施策(平成29年度)

                     (平成29年4月1日〜平成30年3月31日)
「安全はすべてに優先する。」 をスローガンに以下の項目に取り組んでおります。
  ・時間外労働の10%抑制!
  ・交差点事故を半減させる!
  ・省エネ運転により燃料1%削減!

輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統

輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統

輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況

 輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況

輸送の安全に係る内部監査


 平成28年度内部監査は、貨物輸送事業を行うに際しその安全管理体制が関係法令や安全管理
規程その他社内規程に定められた安全管理体制のルールがどの程度遵守され、その徹底が図ら
れているかの適合性の検証を全28営業所で実施し、その態勢が効果的に実施され、維持されてい
るかの有効性の検証を実施しました。
 その結果、安全に対する意識は非常に高いものがあり、不適合は見受けられない状態です。

行政処分


近畿運輸局より、以下の処分を受けました。
今回の処分を厳粛に受け止め、全社を挙げて輸送の安全確保に努めてまいります。

行 政 処 分 日  : 平成27年7月6日

処 分 内 容 : 輸送施設の使用停止(20日車)

主な違反の条項 : 貨物自動車運送事業法17条1項

▲このページのトップへ